« 空き店舗活用事業者懇談会 | Main | 第1回犬山踊芸祭 »

2004.05.27

古い建物取り壊し(外町)

城下町に住んでいて思うのは、古くから住んでいる人の方が「犬山の街並みのよさ」ということに、誇りと関心を持っていない人が多いということ。

やっぱり町家づくりの建物は、冬寒いし、昼間でも1階は真っ暗だったりして、現代住宅に憧れる気持ちも分かりますけれど、でも新興住宅地とマンションを転々と暮らしてきた私にとっては、町並み自体に誇りを持つことができる犬山の街が気に入っています。
そして、長い年月が経過することによって色の変わった、味のある古い梁や天井を見ているだけで和む家-木造町家-への憧れは大きいものでした。
我が家は、断熱材と床暖房にはこだわってリフォームしたので、町家と言ってもちょっと反則かもしれませんけれど、城下町から古い木造家屋が減っていくのはとても淋しいものがあります。

一昨日見つけた外町での取り壊し中の家屋。昨日行って見ると、すでに一部を除いて家の跡形もありませんでした。
P526001211.JPG

P526001311.JPG
場所は杉の子幼稚園へ入る道の脇です。
map.jpg
ちなみに、外町というのは、犬山駅から駅前通を西へ向かい、本町交差点を南へ行曲がってしばらく進んだ辺りを指します。昔木戸があった外側にある町ということで、外町といいます。

|

« 空き店舗活用事業者懇談会 | Main | 第1回犬山踊芸祭 »

Comments

こんばんは。

取り壊されるのは寂しいけど、住んでいる人たちにすれば、それは大変なんでしょうね。
 そのあとも、町屋造りの家が建つんだろうか。外町ってけっこう、ちゃんと古いように直した家と、新しい家とが並んでいるところだったかな、と記憶してますが、お祭りの時のあの意気込みというか、町の感じはいいのにね。
 いい雰囲気の家が建つといいなぁ。

Posted by: acha | 2004.05.27 at 11:14 PM

私も京都で町屋の古家を購入したのですが、改築などの手入れでは対応できませんでした。本来ならば、そういう家は残すべきでしょうが、使いにくい、シロアリ被害が進んでいる、敷地と住宅のバランスが悪い…などの理由で結局新築しました。
理想と現実の乖離があり、なかなか難しい問題ですよね。

Posted by: kasaji | 2004.05.31 at 04:11 PM

コメントが遅くなってしまってごめんなさい。

★achaさま
外町ってお祭りに対するいきごみがあって、各家も幕を張ったりして、素敵な町内です。achaの記憶通りだと思います。ただ、お祭りに来る観光客の動線にないので、味のある建物とかが観光客に見てもらえないのが残念です。壊した後、どうなるのかウオッチしてみたいと思っています。

★kasajiさま
古い町家を購入しても、せめて骨組みがしっかりしていないとリフォームできないですよね。理想ではすべての街並みが残っていて欲しいけれど、実際に住むとなると便利な方がよかったりして、それは個人個人の考え方によっても違うので、一概には言えませんしね。ただ、メイン通りで街並み残っている辺りは(犬山で言う本町通りですけど)、新築しても外観とか軒の高さはそろえて欲しいなと思っているのが本心です。

Posted by: 温泉あひる | 2004.06.02 at 04:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17151/663662

Listed below are links to weblogs that reference 古い建物取り壊し(外町):

« 空き店舗活用事業者懇談会 | Main | 第1回犬山踊芸祭 »