« 【万博】モロッコ館の感想とカフェ | Main | 【万博】アフリカ共同館レストランKOKO »

2005.05.17

【万博】イタリア館の感想

P506009211
展示物が印象に残った私的ランキングで、堂々一位に輝いたイタリア館です。
入口部分にあるシアター部分。すでにおしゃれな雰囲気が漂っています。水が流れている上に透明の床が張ってあるので、高所恐怖症の私にはちょっと怖かったです(^^;。

P5060101111
館内中心部分にある球形の部屋で、おそらく最初で最後の国外展示になるという「踊るサテュロス」の像を見ることができます。像そのものは撮影不可なので、撮影可能なレプリカ(こちらは触ることもできます)の写真です。
これは視覚障害者のために作られた展示物とのことで、すべてに行き届いた配慮が感じられます。

P50601091
フィアット500実寸大モデルの金属製車体にホワイトチョコレートで塗装したもの。チョコレートの甘い香りが漂ってきます。こては、イタリアの様々な州ごとにまとめた展示の中で、ピエモンテ州の展示物でした。

全体的にさすがデザインの国と言われるだけあって、綺麗にまとめられた内容でした(^^)。

|

« 【万博】モロッコ館の感想とカフェ | Main | 【万博】アフリカ共同館レストランKOKO »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/17151/4128897

Listed below are links to weblogs that reference 【万博】イタリア館の感想:

» 愛・地球博⑫「イタリア館」 [soramove]
地中海から引き上げられた 「踊るサテュロス像の 本物の放つ荘厳さが目玉。 人間の体の美しい線を出すための 静止するのは絶対ムリなポーズ 2500年も海に沈んでいた像が 目の前に現れると 素直に感動する。 後半の展示は展示方法の良さと 相乗して見応えあ...... [Read More]

Tracked on 2005.07.05 at 07:53 AM

« 【万博】モロッコ館の感想とカフェ | Main | 【万博】アフリカ共同館レストランKOKO »