2005.04.16

「サツキとメイの家」もう一軒…ジブリが万博後に計画(読売新聞)

リンク: @nifty:NEWS@nifty:「サツキとメイの家」もう一軒…ジブリが万博後に計画(読売新聞).

淡海の国から on blogでも取り上げられていましたが、スタジオジブリの言い訳?の中に「サツキとメイの家」を新しくもう一軒建て、万博期間後も見てもらえるようにすることが書いてありますね。これで、オークションの異常な加熱ぶりも、少しは収まるのでしょうか(^^;?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.10

【万博】「サツキとメイの家」予約方法変更に!

今日の中日新聞によると、サツキとメイの家の予約方法が変更になるそうです。

あれだけ取りにくくて、ネットオークションでの転売が多ければ、苦情が殺到してしかるべきですよね。今度は、入場券番号を書いてハガキで応募とは(^^;。さすがに今更、予約システムの中に組み込めないのかな。
でもハガキ処理とは、人海戦術だなぁ~。
もしかして、あちこちから天下ってきてヒマな万博協会の人がハガキ処理するとか(^^;?

一人の人が自分の予約券番号を記入して何枚もハガキを送ったとしても、チェックできるのかな。なぞだらけの方法だけれど、今のローソンの方法よりかは改善されるようです。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

2005.04.09

【万博】「サツキとメイの家」はや誘致合戦

リンク: @nifty:NEWS@nifty:万博で大人気「サツキとメイの家」はや誘致合戦(読売新聞).

ニュースを読んでいたら、あの「サツキとメイの家」は、家具などを含む建築費約3億円の豪邸ということが判明しました(^^;
そして、名古屋駅前のJRセントラルタワーズでは、「もうひとつの サツキとメイの家」展というのが始まったとか。

知らないことだらけだなぁ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.04.08

【万博】サツキとメイの家

P3310303
3月31日に「サツキとメイの家」へ行ってきました。この予約、ローソンのロッピーか電話で予約するのですが、3月分と4月分は3月1日に予約開始で、わずかな時間でいっぱいになってしまったという予約難関のゾーンなのです。ラッキーなことに、関西に住んでいる友人が、40分ロッピーの前にへばりついて、予約をとってくれた券をまわしてくれたので、訪れることができました(^^)。愛知県名古屋市の長者町の知り合いの話では、ローソンへ予約のために並ぶ行列が、次の通りの角まで続き、その中で予約できた人はひとりもいなかったとか。。。
ヤフーのネットオークションなどを見ると、平気で1万円くらいの値段がついていたりするんですよね!ジブリもローソンのシステムではなくて、万博の予約システムのような「入場券番号を入力しないと予約できないシステム」を使ってくれれば、転売で稼ぐ人もでないのに、これに関してはジブリに対してかなり不満です!

それはさておき、「サツキとメイの家」訪問の話に戻ります。まずは、予約券を持って、受付をすますと、昭和30年の同日の読売新聞と、入館用の「首に下げるパス」をもらえます。そしてテントの中に椅子が並べてある待機所で時間まで待ちます。A,B,C,Dそれぞれ25人ずつだと思うのですが、首に下げるパスには、A-1、A-2とか書いてあって、最初の30分は、AとBのパスを持った人が、「サツキとメイの家」へ移動します。CとDの組は、30分待機所で待つことになりますから、予約のとれた方は早めに受付を済ますことをおすすめします。
Aの組は、15分家の中、Bの組は、家の外の庭などを観覧することができます。15分後に交代し、Bの組が家の中、Aの組が外になります。P3310283
これは、お父さんの書斎を庭から撮った写真です。家の中を観覧するときには、写真撮影禁止ですので、外の観覧の時しか撮影できません。家の中は、たんすを開けたり、茶箪笥の引き出しを開けたり。。。と自由に触ることができます。ジブリの世界というよりも、昔ながらの懐かしい家に遊びに来たような感じで、あっと言う間に時間がたってしまいます。


P3310292
庭に、懐かしい手押しポンプの井戸があったりして、友人の子供は喜んで井戸の水を出していました。
トトロや真っ黒くろすけがいるわけではなく、「昭和村」に来て昔を懐かしむような感じでしたが、子供にもそれなりの楽しみ方があるようです(^^)。30分後には、CとDの組ときちんと交代できるように誘導されました。


私としてはとても楽しかったのですが、1日800人しか入ることができないようなシステムで、さらに当日キャンセルで来ない方がいらしても当日補充をしないという現在のシステムは、「なんだかなぁ~」と言う感じです。ジブリも、転売できるような方法ではなく、万人が平等に楽しめるような方法をとって欲しいものです。



| | Comments (2) | TrackBack (1)